2013年10月14日

お知らせ 20日神戸ジーベックホールにて出演します。

Akoubesushi.jpg


〜バリ舞踊の粋を集めた宮廷舞踊の女官「チョンドン」
の踊り手として誰もがその実力を認める、
バリ古典舞踊の大家アグン・スシラワティ師が初来日!
深遠なるバリバリ舞踊の世界が
神戸ジーベックホールに出現します!〜


この舞台でバパンサリも共演させて頂きます。
今回は久々の大編成。
バリ芸能の色・動・音を感じて頂けます。
メンンバー一同、みなさまのお出でを
お待ちしております。

2013年10月20日(日)
開演14:30(開場14:00)

会場 神戸ポートアイランド ジーベックホール
   (三宮よりポートライナーで中埠頭駅下車)

入場料 前売り(e-mail・FAX予約)3000円
    当日3300円 全席・自由席

[チケット申し込み・お問い合わせ]
    アグン・スシラワティ来日関西公演実行委員会
「@ご氏名A連絡先電話番号B人数」
を明記の上、e-mailまたはFAXにてお申し込みください。

e-mail: susila_kansai@yahoo.co.jp
FAX: 06-6353-1607

【プログラム】
1歓迎の踊り ガボール
2若き勝利者の舞踊 タルナ・ジャヤ
3漁師の舞踊 ヌラヤン
4宮廷に仕える女官の舞踊 バヤン・ニンテ
5器楽曲 ウジャン・マス
6器楽曲 スラット・スガラ・マドゥ
7森の王者獅子の舞踊 マルガパティ
8宮廷舞踊 ラッサム王の物語

【出演】

舞踊
イ・グスティ・アグン・スシラワティ(バリ)
大西由起子 堺智濃 佐味千珠子 杉谷朋美
船津純子 松居知子 三好輪子 他

ガムラン演奏:バパン・サリ
植山視保子、瓜生和子、小川松美、加藤公敏、佐藤真紀子
世良真紀、田仲文、野村純子、橋本なお子、日吉貴子、藤本民子、
船越裕美、船越博行、堀川弥生、村上真理子、吉田ゆか子、渡邊早織、
牧晴美(スアラ・スクマ)、松井克宏(スアラ・スクマ)

詳しくは
関西実行委員会「花・愛・舞」
http://blogs.yahoo.co.jp/susila_kansai




posted by しんしん at 08:49| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

4月7日(日)花びらまつり

今年も参加いたします。

演目は

パニャンブラマ(歓迎の踊り)
マルガパティ(森の勇者の踊り)
ジョゲ(お客様を踊りにお誘いしますよ〜)

ジョゲでは竹のガムラン、ティンクリックで演奏します。
どうぞ遊びにおいでください。

場所:弓弦羽神社(阪急御影駅より東南徒歩2分)
   バパンサリの出演予定は4時頃です。

下のフライヤーをクリックしていただくと
拡大して御覧になれます。



Hanbira.jpg



posted by しんしん at 13:55| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

その46 2013年元日 バリ公演

shinpre.jpg


ウブドのプリアタン王宮


shinope2.jpg


バパンサリの公演が始まります。


shinope8.jpg



shinope4.jpg


はじめに日本語とインドネシア語でご挨拶を。


shinpre6.jpg




奉納の踊り「ルジャン・デワ」

shinReja2.jpg


shinReja3.jpg




チャタル先生作曲「ブダヤ・バリ」
曲の後半に踊り手も登場、みんなでバリ語で歌います。

shinBuda4.jpg


「私たちバパン・サリと楽しいひとときを
過ごしていただければ幸いです。」

shinBuda1.jpg




子どもたちによる歓迎の踊り「パニャンブラマ」

shinpanyem3.jpg




shinpanyem.jpg




戦士の踊り「バリス」

shinBari2.jpg


shinbari.jpg




ラセム王の物語「レゴン・ラセム」

shinLego4.jpg


shinLego2.jpg




森の勇者「マルガパティ」

shinMarg2.jpg


shinMarg1.jpg




森の精霊「テレック」

shintele4.jpg


shintele2.jpg


shintele3.jpg


shin.jpg


この子たちの目にはどう写ったかな?
また、こんな機会が来るといいね。




posted by しんしん at 19:28| Comment(0) | バパンサリつながり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

2013年 1月1日




shugo2.jpg
di Puri Agung Peliatan Photo by Uriotto



バリ島ウブドのプリアタン王宮において、
無事にバパンサリ第2回バリ公演を行うことができました。

今回の公演にあたり、日本・バリ、
双方の人々から多大にして様々な支援を頂きました。
すべてのことに感謝の気持ちでいっぱいです。

また、沢山のお客様がおいでくださり、
ともに楽しい時を過ごすことができました。
ここに、心からお礼申し上げます。

ひとえに皆様に楽しんで頂けましたなら、
そしてそのことが
バリと日本の架け橋となりましたならば、
私たちにとって本当に本当に嬉しい限りです。


これからのバパンサリを
またどうぞよろしくお願いいたします。



manku2.jpg



空港〜ウブド間の送迎でお世話になったワヤンさんに
帰りの車で聞かれました。

「公演はどうでしたか?」

「とてもとても楽しかったです。
雨が1日中降り続いた日でしたが、
ラッキーなことに公演の間だけ
雨があがりました。終って楽器を全部しまうと
また、雨が降ったんですよ。」

するとワヤンさんが言いました。

「それはラッキーとはちがうよ。
マンクー(お坊さま)の祈りのおかげです。」

うううむむむ。確かに、確かに。
公演の直前、白い衣装に身を包んだお坊さまが
会場で粛々と神様への祈りを捧げておられました。

目に見えるものだけではなく、
目に見えないところからも助けがあること、
忘れてはいけません、いけませんね。


gununsari2.jpg


公演の前には、代表メンバーが
グヌンサリ寺院で公演の安全と成功をお祈りしました。



latejou2.jpg


プリアタン王宮の御当主より
練習と公演のために会場を使用する許可を頂き、




appare2.jpg


ブラバトゥの偉大な舞踊家、
ブランシンガさんより楽器をお借りしました。

他にも、
この公演のコーディネートを請け負ってくださった
素敵な舞踊家プルワントさん。
踊りやガムランを指導助言して下さった舞踊家、演奏家の方々。
踊りや演奏で参加してくれた、バリ・日本の新たな仲間。
楽器や練習のために、また楽器保管や控え室として
自宅を解放してくれた方々、
お化粧や着付けをしてくれた人、
プログラムやMCのインドネシア語原稿を慎重に作成してくれた人、
バビグリンを差し入れてくれた人・・・・、

様々なサポート、
とても書ききれません。

バパンサリの思い、練習のことなども含め、
メンバーとして演奏と踊りでも参加した
fさんとmさんの詳しいレポートがありますので
ご紹介します。

バパン・サリ 元旦バリ島公演 by f studio
http://www.balitaksu.com/bapang-sari-pentas-2013?lang=ja


バリの光と風と暑さと音の中、
バリの人たちと共に叩き、踊る。
音楽と踊りがあるべきところで為されている。
自然で心地よいひとときを感じさせて頂きました。



帰国すると、日本は正月三が日。
日本の神様にも報告とお礼のお参りをしなくてはね。

「神様、これからも地道に精進いたします。
仲間と楽しく真面目に練習できますように。
そして、もう少し筋肉を頂けますように。」


moude2.jpg
di pura Jepang

 



posted by しんしん at 23:00| Comment(0) | バパンサリつながり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

お知らせ

2013年1月1日

バリでガムランと踊りの公演をいたします。
12年間、楽しみながらも仲間とともに培ってきたものを
本場のバリで披露する機会を頂きました。

この時期にバリにおいでのみなさま、
どうぞおいで下さいませ。
お待ちいたしております。

場所 プリ アグン プリアタン(プリアタン王宮)
時間 16:00〜
入場無料 


詳しくは、下のフライヤーをクリックして下さい。
   
<
201311pentas.jpg



posted by しんしん at 22:25| Comment(0) | バパンサリつながり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

その45 ビバ バリ 2012

ss1.jpg


ガルーダで8月のバリへ。*1



ss20.jpg


映画とエコツーリングの影響でウブド村はサイクリングブーム。
欧米の観光客の人が次々とレンタルに訪れていました。*2



ss2.jpg



おおっっと。こちらも負けておりませんぞ。
それにしても、沢山の人人人・・・。
何があるんでしょうか?キョロキョロウロウロ。 
そんなこんなしておりましたら・・・・



ss5.jpg



ジャカジャカジャカジャカドンドンジャカジャカ・・・
にぎやかにバラガンジュールの楽隊がやってきました。



ss6.jpg



続いて、白い牛が乗った「みこし」のようなものが
沢山の人に担がれてやってきました。

これには亡くなった方の棺をのせているのだそうです。
合同葬儀ということで、いくつものみこしが
それぞれのガムラン音楽の先導で、ここ、火葬場に集まってきます。



ss9.jpg



サングラスなバラガンジュール隊。



ss20.jpg


ポータブルな(男性ならば腕に抱えて持てる?)
ガムラン・アンクルン隊。*3



ss32.jpg



会場の奥でも、若者のバラガンジュール隊が
それは楽しそうに、生き生きと演奏をしていました。

日々の営みにガムランは欠かせないものなんだな。

みこしの方も多様です。先ほどの白い牛や、



ss16.jpg


赤い獅子、



ss7.jpg



塔の形をしたもの、など。

みこしの上に作られるものの形は
故人の生前の階級や職業によって決められているそうです。
ちなみに白い牛はマンク(僧侶)だった方。

また、牛や獅子には故人ゆかりの、でしょうか
男の子が乗っていました。



ss4.jpg



ss8.jpg



ss30.jpg


ということで、
これはれっきとしたお葬式なんです。


さて、話はかわりまして。
お祭りの時に寺院へお供えする
ガボガン。



ss13.jpg



これを頭に乗せて運ぶのですが、
積み上げられた数々のくだものやお菓子、崩れることはありません。
その仕組みは〜



ss11.jpg



ss14.jpg


な〜る〜ほ〜ど〜。
そして、色や形や大きさの組み合わせに美的センスを駆使するのですね。

お次はバリ人男子(子どもから大人まで)、みんな大好き


ss12.jpg



凧です。
バリの空に随分と高く揚がっているのをあちらこちらでよく見かけます。
この蝶な凧は落ちたのではなく、「置いてある」。


前日にこの凧は揚げられたのですが、
落ちてしまい行方がわからなくなりました。
その時、持ち主の御主人(もちろん立派な大人)は
「ボクの凧〜、どこへ落ちたのかなあ、ああ〜、見つからないよ〜」
と探してました。本当に心細そうに、子どものように。

その後見つかったようで、
次の回まで大切に置いておく、というわけなのです。


ss18.jpg



あ、ほら、ここにも凧が。



ss17.jpg



ちょっと変わってますよ、フクロウ?

凧も気持ち良さそうに漂う、そんな青空が続く毎日のバリでした。



ss33.jpg




*1 ガルーダはヒンドゥー教のビシュヌ神が乗るという神鳥。
      インドネシア航空の名称でもあります。
*2 映画「食べて、祈って、恋をして」・・・ここウブドはロケ地のひとつで、
        ジュリア・ロバーツが自転車に乗ってまわるシーンが撮影されました。
*3 ガムラン・アンクルン・・・音色も音楽も愛らしいにもかかわらず、
        お葬式の時に使用される4音階の小型ガムラン。


posted by しんしん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バリつながり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

その44 バパンサリ、竜宮城へ行く



suma0.jpg

波の大水槽前、アクアバーは17時開店です。





suma8.jpg

ステージも準備OK。






suma5.jpg

開演前〜ティンクリックの音色で和んで頂ければ。





sm2.jpg

開演〜まずはパニャンブラマ





suma4.jpg

チョンドン。





suma3.jpg

ルジャン





sm1.jpg

ジョゲ





まるで海中で踊り、演奏しているような〜
不思議で心地よい時間でした。

そして公演中、メンバー全員がとても気になったこと。

どうもこちら側が気になって、何度も覗きに(?)泳ぎ寄って来る
「アオウミガメさん。」

写真の多くにその姿が写り込んでいました。
カメさんにはバパンサリがどう写ったのかな。

御覧下さった(&ジョゲで踊ってくださった)お客様、
スマスイ(須磨海浜水族園)の関係者の皆様、

ありがとうございました。




suma6.jpg


公演後に子どもたちが興味しんしんで、あるいはおそるおそる
楽器に寄ってきてくれました。

「こうしてね、こうやって音を出すの。やってみる?」
「あら、上手ね〜。それじゃあ〜バパンサリに入ってみようかあ〜?」



「おかあさ〜ん!」



Photo By 人一倍暑いの苦手〜Oさん、ありがとうございました。
posted by しんしん at 16:03| Comment(0) | バパンサリつながり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

その43 スマスイにて出演します。


suma1.jpg



神戸市須磨区の須磨海浜水族園(愛称スマスイ)

夏休みの土日は大小さまざまな魚達が泳ぐ大水槽の前で

夕方17時より色々なステージが楽しめます。

今回、バパンサリも出演させていただくことになりました。


日時:7月28日(土)

1回目 17:30〜 20分ステージ(チョンドン、パニャンブラマ)

20分休憩

2回目 18:10〜 20分ステージ(ルジャン、ジョゲ)

(鑑賞料は無料。演目は変更されることがあります)



場所:須磨海浜水族園

エントランスホール、波の大水槽前 

JR「須磨海浜公園」駅下車、南へ徒歩5分
山陽電鉄「月見山」駅下車、南へ徒歩10分


水族園への入園料(入園は閉館の1時間前まで)

開館9:00〜 1300円
夜間開園17:00〜20:00 1000円。
(夜間に浴衣着の方はさらに浴衣割引で500円!) 
 



suma3.jpg


ようこそ、竜宮城へ〜。



suma2.jpg


ぼく(いや、ワタシ?)も踊ろうかな〜。



suma4.jpg


見に来てね×7



su,a6.jpg


え?え?いつ?どこで?

(もう一度はじめから読みなさいっ)



suma7.jpg

波の大水槽前/エントランスホール






posted by しんしん at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

その42 モダン・バリ・フェアー2012



hs10.jpg


広島三越にてバリガムランと踊りの披露。





hs11.jpg


始まるまではこの状態。
ガムラン・キューブ





hs12.jpg


演奏者&踊り手もこの状態。
プナブプナリ・キューブ
(といってもエレベーターの中)





Fhs3.jpg


始まり、始まり〜。





Khs1.jpg


チョンドン





Khs13.jpg


パニャンブラマ(1日目)





Fhs9.jpg


マルガパティ






Fhs14.jpg


パニャンブラマ(2日目)






Fhs16.jpg


ルジャン





Fhs7.jpg




沢山の方々が、足を止めて見入って下さいました。
 

インドネシアに数ある芸能の中のひとつ、

バリガムランと舞踊を楽しんで頂けましたら、
大変嬉しいです。

フェアー関係者の皆様、三越の関係者の皆様、
ありがとうございました。




hs17.jpg



 PHOTO "K" by ミセス・大忙し・Kさま
 PHOTO "F" by ミスター・スマイリー・Fさま  ありがとうございました。









posted by しんしん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | バパンサリつながり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

広島三越にて出演いたします


5月9日(水)〜14日(月)
〜楽園バリ島の人気アイテムが一挙集結〜
広島三越にて”モダン・バリ・フェア”が開催されます。

この期間中にバパンサリもステージ出演させて頂きます。
バリ島を体感できる催事が多数開催されるそうですよ。


バパンサリステージ予定

日時:5月12日(土)、13日(日)
   13:30〜、15:30〜の2回

   
場所:広島三越1階 特撮会場

演目:12日/ルジャン・パニャンブラマ・チョンドン
   13日/ルジャン・パニャンブラマ・マルガパティ

お時間ありましたらどうぞ遊びにいらして下さい。



posted by しんしん at 15:16| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする